NLPで子育て悩みを解決!

16 10月

傾聴でヒヤリング力アップ

Posted in コミュニケーション on 16.10.10 by Merlyn




今回はNLPを使ったヒヤリング力を高めましょう。


私たちが子供の頃を思い出してください。
一人くらいは、信頼のできる大人はいませんでしたか?


どうして、その人を信用できたのでしょうか?


この質問をNLPを大阪で受講した仲間と一緒に考えました。


・何かの出来事があったのか?
・いつも一緒にいてくれたからか?
・何か安心感があったのか?
・なぜか親近感を感じたのか?


ひとつ言えることは、
子供のときに信頼して、
心を開ける相手は、


安心感、親近感、強さを感じさせてくれる人でした。


今回のお話は、
NLPの傾聴です。


NLPのキャリブレーションを高めても、
相手の心の深い部分や本音が明確にならないと、
前に進めません。


ですから、NLPのキャリブレーションで、
感じたり、気づくことができるようになったら、


次は子供の本音をヒヤリングする力です。


NLPの傾聴を別の言い方で表現するなら、
子供が安心して、本音を語りたいと思える
コミュニケーションの取り方です。


本当は子供は、
親に甘えたいし、時に助けを求めたいのです。


それではNLPの傾聴のやり方です。


ポイントは3つです。
1、ひたすら話を聴く。相手を肯定しながらほとんど一人で語ってもらう。
2、一切否定しない、遮らない。
3、自分の意見はどこかに置いておく。


NLPのキャリブレーションと併用するなら、
子供の表情、仕草、動き、声、雰囲気などから
何かのメッセージを感じたら、


そこに対して語りかけるのです。


そして、NLPの傾聴を使いながら、
子供の話を具体的に、明確に聞いていくのです。


当たり前ですが、
その時に何かに気づくのです。


そして、そこにもしも問題があったとしたら?
クリアするだけです。


02 10月

NLPのキャリブレーション

Posted in NLPで感覚を鍛える on 02.10.10 by Merlyn




子供の状態に気づく力


NLPにはキャリブレーションという言葉があります。
簡単にいえば、NLPのキャリブレーションは、


「感じる力」「気づく力」です。
もちろん、根底に大切な事があります。


それは、感じようとする意志です。


NLPのキャリブレーションを子育てに使うなら、
子供の現在の心の状態や感情と考えていることに
気づこうという意志が必要です。


もちろん、それを今までやったことのない方なら、
とても面倒で、難しく見えて、大変な事かもしれません。


しかし、最終的に結果を出している人や、
自分の望むものを引き寄せている方や、
子供のことを守ってあげれている方は、


この面倒なことに、
気持ちと時間を傾けているのです。


この場合の面倒は、
NLPのキャリブレーションを使うことと、


子供の思考や感情に気づこう、
感じ取ろうという気持ちです。


NLPのキャリブレーションとは、
視覚、聴覚、身体感覚を使い、
子供の思考や感情の状態に気づく力です。


このキャリブレーションの力を高めるためには、
・瞬間的に視覚の情報を受け取る力を高めましょう
 何が何個ある。どんな人がいた。何があった
 どんな表情や仕草をしていたなど。


・目をつむり、聴覚を使い音を聞いたり、
 聞いたことのない音楽に耳を済ましましょう。
 さらに、会話の中で相手の声の調子の変化に意識を傾けましょう。
 

・自分の内面と向かい合ったり、
 誰でもいいので、目の前の人の内面を察する、想像をする。


などの訓練をしてみましょう。


このような感じで、
NLPのキャリブレーションを鍛えることで、


・子供の表情、動き、仕草、行動、姿勢を瞬間的に捉え、
・子供の声から、言葉になっていないメッセージを受け取り、
・場の空気の変化に敏感になり、
・子供の心を察しようとする気持ちと、感じ取る力。


このような感じで高まります。


そうなれたらどうですか?


それも可能にするのが、
NLPのキャリブレーションなんです。


実践次第で、身につけることは可能です。