NLPで子育て悩みを解決!

22 12月

クライテリア

Posted in NLP on 22.12.10 by Merlyn




価値基準を明確にするテクニックです。


NLPのコミュニケーションテクニックは
たくさん存在しています。


そのコミュニケーションテクニックを使う中で、
相手との信頼関係(NLPのラポール)を築きます。


NLPのクライテリアは、
さらに相手との身体関係を
深めるためのテクニックです。


具体的には、
次のような形で質問を繰り返していきます。


NLPセミナーでは、
2人1組で行うのですが、


パートナーにたいし、
「◯◯について、大切にしていることは何ですか?」


という質問をします。


◯◯の中には、
仕事や家庭、お金や人生などの、
価値観を明確にしたいテーマを入れます。


つまり、仕事の価値観を明確にしたい場合は、
「仕事について、大切にしていることは何ですか?」


というような質問をします。


そして、NLPのクライテリアの質問を繰り返します。


一連の流れとしては、
以下のとおりです。


「仕事について、大切にしていることは何ですか?」


この質問に対して、
「やりがいです」と答えが出てきたとします。


そしたら、
聞いている方がそれをメモしながら、


「他にはどうですか?」
というように質問をしながら、
たくさん出します。


NLPのクライテリアに費やす時間にもよりますが、
最低でも10個は出したいです。


なぜならば、
直感でどんどん出していくのですが、
その時に、最初のうちは、


普段から考えている表層的な答えが多いからです。


ですから、
NLPのクライテリアで、
何個も効き出していくことには、


深層の方からの意外な価値観や、
忘れていた価値観を引き出すときに便利なのです。


14 12月

ペーシング

Posted in コミュニケーション on 14.12.10 by Merlyn




NLPのペーシングの話をしていきます。


ペーシングは、
コミュニケーションにおいて、
相手との波長を合わせたり、


調和を取るときに大切な、
NLPのコミュニケーションテクニックの一つです。


具体的には、
次のようなイメージをしていただくと、


NLPのペーシングの状態をイメージしやすいかと思います。


・長年、連れ添った夫婦
・とても仲の良いカップル
・仲の良い姉妹


などです。


雰囲気だけでなく、
立ち振る舞いや、


二人の間の空気感も似ていませんか?


この状態が、
NLPのペーシングをしている状態です。


NLPのペーシングは、
次のようなポイントを押さえていきます。


・声の状態
⇒声の高さ、抑揚、高低、大きさなど


・話し方の状態
⇒間、スピード、リズムなど


このようなポイントを大切にしながら、
NLPのペーシングを行っていきます。


では、NLPのペーシングの効果を一緒に見ていきましょう。


例えば、NLPセミナーのプラクティショナーコースを受講した
女性の方がいらっしゃいます。


主婦の方です。


お子さんが大きくなったので、
自分の時間をもてるようになりました。


しかし、自分のコミュニケーションに自信が持てない為、
友達が出来ません。


もともと、臆病な自分がいるということがあって、
友人関係に関しては、


NLPのセルフイメージがとても低い状態です。


しかし、NLPセミナーを受講して、
コミュニケーション能力が上がってから、
コミュニケーションに対しての
必要以上のストレスから解放されました。


それを可能にした、
一番の影響力のあった内容が、
NLPのペーシングだそうです。


まずは、実践してみましょう。
だんだんと、慣れてくるほどに、
NLPのペーシングを使いこなせるようになります。


そして、いいコミュニケーションを取りやすくなります。


ポイントは調和です。